空き部屋があるマンションを貸したいなら不動産会社に相談しよう

経費計上で節税

積み木

現金の出ていかない経費

大きな所得税を払っているという人には通常とは異なる投資用マンションの運用方法があります。通常は家賃によって収入を高くする目的で投資用マンションの賃貸経営を行っていきます。しかし、節税を目指して運用することもできるのです。不動産投資による所得は他の所得との損益通算ができるため、赤字にしておくことによって確定申告の際に所得を減らすことができます。この時に重要になるのが経費計上であり、賃貸経営によって得られた収入よりも経費が大きくなっていれば税務上は赤字にすることができます。投資用マンションを購入すると固定資産税がかかるようになり、購入の際にローンを組んだら利子も払わなければなりません。投資マンションを維持するためには計画的に修繕費を積み立てることも必要であり、賃貸経営をする上では管理費をかけることも考えなければならないでしょう。このような諸々の費用は現金が出ていく経費ですが、実際には現金が出ていかない経費も計上することが可能です。減価償却費は建物や設備などの劣化に伴って発生するものであり、毎年計上していくことができます。投資用マンションを購入した場合には建物自体だけでなく、設備や備品としてマンションに備え付けられているものについては減価償却費を経費計上できるのです。これをうまく活用することで節税を行い、現金は増えているのに所得税は減っていくという運用を行うこともできます。減価償却費が大きい投資用マンションを選ぶとその効果も高まるでしょう。