空き部屋があるマンションを貸したいなら不動産会社に相談しよう

家賃相場の確認

集合住宅

需要の確認も重要

住んでいたマンションから引っ越すときや、投資によって利益を上げたいと考えたときなどにはマンションを貸したいと考えるようになるでしょう。貸したいと考えたらまず準備として行わなければならないのが入居者募集を行ったときに本当に借り手が見つかる可能性があるかどうかを検証することです。いくらマンションを貸したいと思っていても需要がある形で提供していかなければ意味がないでしょう。まずはその地域の賃貸事情について理解することが重要になります。まず簡便に行えることとして賃貸物件が流通していて借り手が十分にいるかをポータルサイトなどを利用して確認してみましょう。特に年度末から年度初めの繁忙期に類似している物件が流通していて、借り手が見つかっているようであれば需要に関して問題がありません。単純に流通している物件があるから大丈夫と考えてしまうのもリスクがあり、需要がなくて借り手が見つかっていない可能性も否定はできないでしょう。また、繁忙期以外に流通していない物件は高い需要があってポータルサイトでは確認できない可能性もあります。マンションを貸したいというときに次に重要になるのが家賃相場の確認です。貸しても満足できるような利益が得られなかったら意味がありません。相場を確認して、その程度の収入が得られるのであれば貸しても良いと考えられたら不動産会社に相談するようにしましょう。相場を確認しておけば貸すという結論になったときの家賃設定にも役立ちます。

経費計上で節税

家賃による収入を考えるのが通常の投資用マンションの運用ですが、所得税を節税する目的で運用することもできます。損益通算ができるため、現金がでていかない経費である減価償却費を経費計上して現金を増やしながら赤字にする運用が可能なのです。

家賃保証の意味

住宅を借りる人にとっても貸す人にとっても、家賃保証会社の存在はとてもありがたいもの。しかし、そもそも家賃保証という意味がわからないという人の為に、家賃保証とは何ぞやということをお伝えしましょう。

住む人の気持ちになろう

不動産投資をする際の中古ワンルームマンションを選ぶのであれば、価格や利回りだけで選ぶのではなく、賃借人の気持ちになって考えてみましょう。最寄り駅から近いことや、部屋が2階以上であることは必須条件となります。